中年オヤジのきままフォト

2011年秋に突如として写真趣味を始めた 中年オヤジが写真やカメラ機材を肴に 独り善がりの独り言を色々書き留めてます。 カメラ、写真、撮影方法、撮影記、フォトコンテスト、等々色んなテーマで語ってます。

写真投稿サイト『GANREF』でGk!名で活動してます。
http://ganref.jp/m/gakintyo/portfolios

以前、知人からライカM3&ズミクロン50/2.0を借りてカラー・フィルム2~3本、モノクロ・フィルム1本を使ってみた。良く映り過ぎて『撮らされてる感』が強い印象を覚えてる。
FH000020 (2)
↑M3&Zmicron50/2.0&Fuji100

暫くしてから「そうは言ってもレンジファインダー機を1台は欲しいな」と言う事でネットで情報を収集。
ロシアや日本のコピーライカと言われてる製品を調べた。
結果、Lマウントレンズを使用でき、オリジナルライカを超える独自の進化を遂げてる『Zorki4』にたどり着いた。
ヤフオクで物色する事1か月。最初から値段がそこそこ高かったけど、出品者の書き込みや出品カメラの種類から『出物』と判断し落札。※私しか落札しなかった。
相場より4割位高い買い物でしたが、今のところ不具合は発生せずライカより気軽に持ち歩けるので、私には向いてる気が。
R0013274
↑字体が珍しい個体



R0013280
↑ファインダーもまぁまぁの視やすさ



R0013281
↑カウンターリセットの仕方が解らず^^;




27670027
↑Zorki46Jupiter12&Fuji SUPERIA PREMIUM 400


27670007
↑Zorki46Jupiter12&Fuji SUPERIA PREMIUM 400



27680016
↑Zorki46Jupiter12&Fuji SUPERIA PREMIUM 400



27680021
↑Zorki46Jupiter12&Fuji SUPERIA PREMIUM 400

M3と違い操作感に繊細さ緻密感はありませんが、極寒でも操作できそうなパーツのクリアランスと少々乱暴に扱っても壊れ無さそうな堅牢な筐体って感じがします。

写りもご覧のとおりオールドレンズ特有の逆光には少々弱いですが、スッキリした描写に現代でも全然いける実力があると踏みました。

img395
↑Zorki46Jupiter8&AGFA HDC100
因みに上の写真は写真投稿サイト『GANREF』でプロの写真家に選んで頂けました。
私には絶対に手放せないカメラになりました。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BE%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%83%BC
↑ゾルキー詳細:ウィキペディア

【MFレンズ/単焦点/ELMARIT-M 28 mm f/2.8 ASPH】

先日、カメラの楽しさを教えて頂いた知人から LEICA の『ELMARIT-M 28 mm f/2.8 ASPH』をお借りした。
手持ちでMマウントレンズを装着出来るカメラと言うと 『RICOH GXR+MOUNT A12』が有る。
流石ライカ。質感が目茶苦茶高い。欲しいと思って販売価格を調べると。。。手が出ない(TT)
このカメラに装着すると焦点距離が28mm×約1.5=約42mmになり お散歩カメラには丁度良い画角になる。
DSC_2089
↑中々スタイリッシュ^^b

早速、装着して トホツウ(徒歩通勤)しながら 撮影してみた。カメラにはVF-2も装着し ファインダーを覗きながら撮影できる。
が フォーカス・アシストがあまり有効に働かず 何処にピントが来てるか イマイチ解らず^^;
R0012600
↑手前の紫陽花の花びらに合わせた積りがズレてるし(><)
R0012604
↑もう少し絞るべきだったか?
R0012611
↑色合いは中々落ち着きもあるがシャープな印象
R0012617
↑F2.8だと朝顔以外が綺麗にボケる
R0012624
↑白系の塗り壁に薄紫色の花。イイ感じ♪
R0012632
↑板壁の再現性も中々のモノ
R0012639
↑近寄ると結構ボケ表現も出来る
R0012677
↑はしゃぎ過ぎない大人の色合い
R0012650
R0012651
↑モノクロ表現がもっとも生きるレンズかも

【カメラ設定】
データ形式:jpg
カラー設定:ナチュラル(カラー写真)モノクロ(モノクロ写真)
露出補正:-1.0
測光:スポット測光


ELMARIT-M 28 mm f/2.8 ASPHスペック】

■対応マウント:ライカMマウント系
■レンズタイプ:単焦点
■フォーカス:MF
■レンズ構成:6群8枚
■焦点距離:28 mm
■最短撮影距離:0.7m
■開放F値:F2.8
■フィルター径:39㎜
■重量:180g


【銀塩/ハーフサイズ/距離一定/露出2段】

SAMURAIよりお手軽に撮影できるハーフカメラは無いかと。ヤフオクで物色していた。大体、定番のオリンパス・ペンシリーズを落札を目論んでいた。しかし、種類が多いことに辟易して購入意欲がそがれた。
そこで目に留まったのが『GOLDN HALF』だ。フィルム1本付でかなり安くで落札できた。
ほとんどおもちゃ。所謂トイカメラに属するのだろうか。
DSC_1877
↑ホントに簡素なおもちゃなカメラ
img_1
↑定価は4,800円也

試しにFujiの業務用ISO400の36枚撮りを入れて撮影してみた。
絞りは2段しかないので 晴天下ではF16、屋内、夜景はF8で撮影。
結果は。。。
45590033
↑中々ポップな色合いでイイではないか?
45590062
↑やや日陰の被写体もOK
45590064
↑晴天の空は得意分野かも。
45590073
↑空色が綺麗
45590050
↑意外と奥行き感も出てる
45590045
↑ばかちょんなのにいい感じ♪
45590061
↑屋内はちょっと厳しいかもしれないがいい感じ^^

いやいや。トイカメラと侮るなかれ。結構いい仕事してくれますぞ^^b
今度は、モノクロフィルムを入れて撮影してみようかな。


◆GOLDEN HALF 諸元◆

  • W8.8×H7.2×D3.2 cm 90g
  • 絞りF値=8~11(誤差5%、固定)
  • シャッタースピード1/100(固定)
  • 焦点距離22mm
  • 35mmフィルム対応
  • フォーカスは1.5m~無限大(固定、パンフォーカス)
  • フィルムカウンター72枚まで対応
  • ストロボ用ホットシュー付き


このページのトップヘ